« 米株急落 まだ下値余地たっぷり | トップページ | 日経平均のリバウンド目途 »

2010/08/28

ダウのリバウンドは通常より短い可能性

金曜日の米株は,久し振りの大幅反発となりました。
GDPが予想を若干上回り,売り方の買い戻しと目先の下げ過ぎ感から買いが入りました。
ダウ日足を見てみましょう。↓

20100827usdouday

リバウンドの目途を,すでに米国株は下降トレンド入りという前提で分析します。上には抵抗帯がたっぷり。近い順に見ていきます。まず,下向きの25日線ピンクラインは,下降トレンドのフェアバリューです。オレンジライン緑ライン75日線。・・・・ 激しい戻り売りが待っていそうです。ポイントで言うと,10,200ドル~400ドルといったところでしょう。好材料が出ても10,550ドルを超えることはないでしょう。
次の週足チャートです。↓

20100827usdouweek

金曜日の大幅高が印象的でしたが,週足で見ると結局,陰線,下降途中の迷い線にも見えます。緑ライン10,400ドルあたりです。ピンクラインは先週微妙に割れたようにも見えます。ピンクラインとオレンジラインで大きな三角持合になってますね。ピンクを割れた時は恐いです。
今回のリバウンドは,通常なら最低1週間ですが,予想外に早く終了する危険性もあると思われます。今週の高いところは絶好の売りチャンスとみます。

|

« 米株急落 まだ下値余地たっぷり | トップページ | 日経平均のリバウンド目途 »

外国株」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/134841/36405946

この記事へのトラックバック一覧です: ダウのリバウンドは通常より短い可能性:

« 米株急落 まだ下値余地たっぷり | トップページ | 日経平均のリバウンド目途 »