« 中国市場はリバウンドのタイミングへ | トップページ | NYダウも節目付近 »

2010/07/04

日本株も反転へ ただし戻りは弱い

昨日は中国株の反転を予想しました。今日は日本株の予想です。アメリカ株次第の展開が続いていますが,テクニカルでは,やはり反発のタイミングにあります。まず,週足チャート↓

20100703nikkeiweek

9000円近辺は過去何度も転換点となっており,強固な節目。木曜に下げ止まった9,200円あたりは,1月安値と4月高値の中間点で,いわゆる半値押しの水準。ここから反発してもおかしくありません。ピンクラインもトレンド線として機能する可能性があります。
次は日足チャートで最近の波動を見ます。↓

20100703nikkeiday

下落の第1波17%,下落の第2波11% になっています。4月高値から見ると,現在 20%の下落。直近のチャートでは,上昇も下落も2つの波動が多くなっており、すでに下落率も十分。日柄も十分ではないでしょうか。
以上のことから,テクニカルでは,反発のタイミングが近づいています。ただし,反発は弱そうで,25日線9,700円あたりまでかもしれません。そこは,材料次第です。

個別銘柄を見てみましょう。日経平均に先行して上昇し,先行して下落した SUMCOです。反転も先行するでしょうか?

20100703sumcoday_2

コツンときたようにも見えますねぇ。
中国株が反転となれば,中国関連のコマツ はどうでしょうか?

20100703komatuday

これも 陽線を出し,下げ渋っています。反転したがっている雰囲気にも見えますねぇ。さて,来週の展開は?

|

« 中国市場はリバウンドのタイミングへ | トップページ | NYダウも節目付近 »

日本株」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/134841/35623202

この記事へのトラックバック一覧です: 日本株も反転へ ただし戻りは弱い:

« 中国市場はリバウンドのタイミングへ | トップページ | NYダウも節目付近 »