« 日経平均は調整の波動へ | トップページ | 日本株も反転へ ただし戻りは弱い »

2010/07/03

中国市場はリバウンドのタイミングへ

各市場の大きな下落が続いています。中国株はその中でも,最も弱い市場の一つですが,大きな節目に差しかかり,反発局面となる可能性が高いでしょう。まず,上海総合の日足チャートです。↓

20100703chainaday

金曜日は安値更新後,下ヒゲをつけて急反発しています。反発開始のサインかもしれません。また,ピンクラインはトレンド転換となる可能性があります。
週足で見るとさらに大きな転換ポイントであることが分かります。↓

20100703chainaweek

緑ラインは,過去何度も転換点となっている,強力な節目です。また同じく転換点となる可能性があるピンクラインとも重なっています。ここまでの下落でかなりの悪材料を織り込み済み,短期的にも売られ過ぎ感が強くなっています。しばらくは戻りを試す展開になる可能性が高そうです。

|

« 日経平均は調整の波動へ | トップページ | 日本株も反転へ ただし戻りは弱い »

外国株」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/134841/35620951

この記事へのトラックバック一覧です: 中国市場はリバウンドのタイミングへ:

« 日経平均は調整の波動へ | トップページ | 日本株も反転へ ただし戻りは弱い »