« 投資判断(5)景気動向指数CI | トップページ | 投資判断(7)各市場にリバウンドの気配 »

2008/11/25

長期展望(6)1929年世界恐慌時の金鉱株

Img_brics_20081125_021929年の恐慌時には3年弱に渡ってダウは下げ続けた。今回の下げをあてはめると、2007年夏~2010年夏となる。まだ先は長い。

当時、ダウが暴落する中、金鉱株は堅調に推移しているのが分かる。しかし、バブル化するのは、ダウが底を打ってから。

今回も2010年以降にバブルがあることを祈りたいものだ。

|

« 投資判断(5)景気動向指数CI | トップページ | 投資判断(7)各市場にリバウンドの気配 »

外国株」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/134841/25647709

この記事へのトラックバック一覧です: 長期展望(6)1929年世界恐慌時の金鉱株:

« 投資判断(5)景気動向指数CI | トップページ | 投資判断(7)各市場にリバウンドの気配 »