« 投資判断(7)各市場にリバウンドの気配 | トップページ | 生保の初歩 »

2008/11/29

長期展望(11)1929年恐慌との比較

今回の株式市場の暴落は1929年の世界恐慌とよく比較される。ならば,チャートを比べてみよう。比べると言っても,当時と今とでは,株価がまったく違う。1929年の高値は$400弱,2007年の高値は$14,000。とりあえず,下落の割合を揃えて比べてみた。

20081129_10 高値をつけた時間をそろえるとこのようになる。ピンクが現行の下落。1929年型も現行も10月に大きく下げている。やはり10月は最も危険な月。1929年は11月に半値まで下げた後、一旦30%のリバウンドが入っている。

一方、再び安値を割り込んだ1930年は、12月一杯下げ続け、ようやく年明けにリバウンドしたが、その勢いは弱い。今年はちょうど半値まで下げたところであり、1929年型となる可能性が高い

とするとチャートは次のように重ねた方がよさそうだ。

200811292 今回も約30%のリバウンドだとすると目安は、$9,750となる。

下落期間を比べると,1929年は34ヶ月。現在の下落は,まだ15ヶ月。この先,19ヶ月(1年半)もある。下落率で比べると,1929年は87%。現在の下落は,まだ50%。と,いうことは,この先1年半かけて2011年夏に,$2,000。さすがにこれはないと思うが。$5,000くらいは十分にありそうだ。

|

« 投資判断(7)各市場にリバウンドの気配 | トップページ | 生保の初歩 »

外国株」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/134841/25751713

この記事へのトラックバック一覧です: 長期展望(11)1929年恐慌との比較:

« 投資判断(7)各市場にリバウンドの気配 | トップページ | 生保の初歩 »