« 歴史的転換点 | トップページ | 波乱の幕開け »

2008/01/02

ブラジルの予言者

明けましておめでとうございます。今年は少し怖い本からスタートしました。

ジュセリーノ・ダ・ルース氏 ブラジルの有名な予言者。年末のテレビで特集を組んでいましたのでご覧になった方も多いと思います。約90%が的中するということでびっくり。9.11を始めとするテロや事件事故、地震や津波などの自然災害まで予言しています。特に4月16日アメリカのバージニア工科大学で起きた銃乱射事件では犯人の名前や被害者の数まではっきりと予知していました。

興味を持ったのでさっそく本を注文してみました。

  未来からの警告 (ジュセリーノ予言集 1)     ジュセリーノ未来予知ノート

予知の内容は想像以上に深刻。特に環境問題が恐ろしい。2007年12月31日までに温暖化防止に有効な対策が取られなければ2043年までに人類の80%が死滅するというのです。既にこの期限は過ぎてしましましたが、果たして有効な対策は取られたのでしょうか。

また日本の大地震についての予知も衝撃的です。今年2008年9月13日、東海地方でM8.6の地震が発生。死者は600人。 そして2009年は1月25日と11月17日の2度に渡って大阪、神戸方面でM8を超える巨大地震が発生し死者数十万人、2010年には関東大震災の再来で死者7万人とのことです。

ジュセリーノ氏も述べていますが、予知が間違いであることを祈るばかりです。

|

« 歴史的転換点 | トップページ | 波乱の幕開け »

その他コラム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/134841/9682544

この記事へのトラックバック一覧です: ブラジルの予言者:

« 歴史的転換点 | トップページ | 波乱の幕開け »