2011/02/11

ドル高の気配

先週はアメリカの金利上昇、雇用改善を手がかりにドルが反発を見せました。
まず、米長期金利 週足。↓

20110211ustnoteweek

来週は、4%に向けた上昇が加速するのか?もし、4%を超えたらインパクトが大きいでしょう。
ドル円 日足。↓

20110211dallyenday

25日線を上抜けました。気が早いですが、12月の84.5円を抜ければ、三尊底形成です。週足。↓

20110211dallyenweek

13週線を上抜けました。かなり久しぶりの出来事。円安転換サインとなるか。季節性では、夏に向けて円安に向かいやすいとも言います。期待できるか?
ドルインデックス 週足。↓

20110211usdallindexweek

ドル円と比べると、こちらは、わずかな反発。最後に人気のオーストラリアドル 月足。↓

20110211ogdallyenmonth

上値を目指しているように見えますが・・・
さて、ドル円はもう少し円安に進む気配あり。そうなれば、日本株の意外高もあり。要注目です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/02/06

ドル安一服 ドル高転換はあるか

先週の雇用統計、予想より悪かったようですが、失業率の改善を受けてドル安が一服しました。
ドルインデックス 週足。↓

20110206dallindexweek

トレンドラインタッチで反発しました。ドル安への転換はあるのか?ドル円はこんな感じ。週足。↓

20110206dallyenweek

こちらもトレンドラインタッチで反発。25日線が上値を抑えてます。先週の小さな陽線にはちょっと期待です。
米国10年債金利 週足。↓

2011020610ytno

節目を抜けてきました。4%までいくのか?これはドル高要因ですが・・・
かすかな円安の希望が見えた先週の為替市場でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/12/26

上昇一服も 中期ドル高トレンドは継続か

まず、米長期金利の動きから。10年債金利。↓

20101226us10ybond

3.5%まで急上昇し、先週は一服。今週~来週の住宅指標、雇用統計発表までは、もみ合いでしょう。指標次第では、一段の金利上昇もありか。ドル指数 週足。↓

20101225usdallindexweek

こちらも上昇一服。中期的には、一段高の可能性が高そう。ドル円 日足。↓

20101225dallyenday

先週は結構、円高方向へ。75日線まで戻しました。週足だと。↓

20101225dallyenweek

長い陰線で、13週線が接近。ここは、一旦止まるとみますが、指標次第。中期的には88円くらいまで戻る可能性ありか。ドルユーロ 週足。↓

20101225dallyuroweek

こちらも上昇一服ですが、26週線を抜けており、前回高値を目指す展開か。ユーロ円 週足。↓

20101225yuroyenweek

円は前回高値を目指す展開。
軽い調整を入れながら ユーロ < 円 < ドル のトレンドはもう少し続く可能性が高いとみます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/07/17

為替はユーロ安からドル安へ

今日は為替相場を見てみます。欧州のソブリンリスクから,米景気指数の悪化に注目が移り,ドル安が進行中。
言い換えれば,円>ドル>ユーロ から, 円>ユーロ>ドル への変化。いずれにしても,円は高くなる運命のようです。まず,ドル円の週足チャートです。↓

20100717usenweek

ドルは11月安値 84円79銭を目指す展開。ここを割れずに切り返せば,三尊底形成で長期トレンド転換,というシナリオもありですが,今それを言う人は皆無に近い感じ。弱気一辺倒です。11月安値を割れれば,一気に81円~80円といったレベルが見えてきます。これは,日本株にとってもかなりのダメージ。米株安と重なれば,2番底どころか,底割れも・・・ そのレベルではさすがに,為替介入があるでしょうが。恐ろしいシナリオです。

ユーロ円の月足チャートです。↓

20100717yuroenmonth

さすがに,コツンときた感じですが,戻りは弱いです。今後も戻りは元気なさそう。しばらく,もみあいレベルでしょうか。
最後に急落があったら買ってみたい,オーストラリアドルの月足です。↓

20100717ogenmonth

ふたたび,株暴落となれば,65~60円 への下げはありでしょうが,その時は絶好の買いチャンスかも。

| | トラックバック (0)

2010/06/26

ドル円は円高を試す展開へ

対ユーロの円高は一服していますが,対ドルの円高が進みそうな気配。日本株にとってはもちろん大きなマイナス要因です。まず,USドル指数の週足チャートです。↓
20100626usindex

ヨーロッパのソブリンリスクを一旦織り込み終わったタイミングで,アメリカの住宅市況,雇用状況など悪い指標発表が続き,ドル指数は下降トレンドへ。ヨーロッパとアメリカの悪さ比べ。ドル円は消費税10%発言も加わって,円高を試す展開がしばらく続きそうです。その目途は?
まず,ドル円の週足チャートです。↓

20100626usyenweek

急騰後の休憩十分,さてまた騰がるぞ!と見えませんか?88円を割り込めば,最高値を試しにいくのではないでしょうか。そうなれば,日本株は2番底へ向かう展開となりそうです。
一服中のユーロ円,週足チャートです。↓

20100626euryenweek

こちらも円高でしょうが,さてどこまで行くのやら。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/05/03

円安トレンドへ転換か?それとも,だましか

今日は,為替相場(ドル円)のチャートを見てみます。まず,次のチャートを見てください。
20100502kawasemonth1

ドル円の月足チャートです。緑の線が下降トレンドの上値抵抗線として機能していましたが,それを上へ抜けてきたように見えます。アメリカの景気回復,金利上昇(日米の金利差拡大)などを織り込み,長期トレンドが円安に転換したと考える人が増えています。過去の景気循環のパターンでは,それがくり返されてきました。
一方,ドル暴落説も根強いものがあります。金融恐慌の引き金になった住宅価格は今だ低迷したままです。次のチャートを見てください。
20100502kawasemonth2

2つのチャートは同じものですが,こんな緑ラインが機能する可能性もゼロではありません。その時は今回の抵抗線突破が,「だまし」になります。5月相場に波乱があれば,その可能性も高まってきます。今晩のアメリカ株の動きは大いに注目です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/04/18

為替(ドル円)の行方

「ドル円相場は正念場」で述べたように,アメリカの景気回復を見込んで市場では「長期トレンドが円安に転換した」という見方が徐々に広っています。そんな中,「今回のドル高円安は一時的?」では反対意見も紹介しました。
先週は,急激な円安の反動とゴールドマン提訴などのニュースで円高に進みました。今一度,長期チャートを見てみましょう。

20100418
ピンクライン(2002年からのトレンド)で見ると,1$=100円までの円安はありそうです。その節目は結構強固でそれ以上の円安は現時点では考えづらいでしょう。
また,ブルーライン(2007年からのトレンド)で見ると,先々週の1$=94円あたりが抵抗線になります。実際そこではねかえされました。この後は,ニュース次第ですが,今まで無視していたバッドニュースに再び注目が集まる時間帯にあるような気がします。1$=90円あたりまで円高が進み,そこで踏みとどまるかが注目ではないかと思います。90円を超えれば,再び85円を試しにいくこともありだと思います。その時は,日本株もかなりの調整を覚悟する必要があるでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/03/31

今回のドル高円安は一時的?

「ドル円相場は正念場」(3月28日) でドル円レートが節目にあると言いました。今日は93円50銭を越えてきました。このまま円安トレンドに転換していくのか?という雰囲気ですが、面白いレポートを見つけました。3月~4月は、長期的なトレンドと逆に動くことが多い、「裏切りのシーズン」だと言うことです。参考になりますよ。 目安は94円、ここを越えなければ円高トレンドは続くとの読みです。 こちらからどうぞ!



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/03/28

ドル円相場は正念場

最近の日本株は為替市場との連動性が高いようです。そのドル円相場ですが,とても重要なポイントにさしかかってきました。月足チャートを見てみましょう。

20100326us_3

93円は長期円高トレンドラインの上限です。これ以上の円安は,このトレンド線突破となり,円高トレンドの一旦終了につながる可能性大です。通常の景気循環が今回の金融危機にもあてはまるとすれば,ここから,アメリカの利上げが始まり,円安トレンドへ転換となります。しかし,今回の信用収縮のダメージは大きく,そう簡単に利上げができるとも思えません。まだ,この節目は堅いと思うのですが・・・・もし,突破したら日経平均は12,000円を目指してもう一段上げていくのではないでしょうか。


| | コメント (0)

2008/10/25

投資セオリー(1)為替と企業業績の関係

為替の動きと企業業績の関係は次の通りだ。

商社が入っていないが,三菱商事や三井物産はエネルギーや資源関連の扱いが多いので円高メリットの企業だろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

その他コラム | 商品・その他 | 外国株 | 日本株 | 為替